得するほんまでっかコーナー

先日、ほんまでっかTVを見たのですが、そのときに思ったことがあります。

それは「得するほんまでっかコーナー」で、新幹線などのシートを倒す時に一声掛けるかどうかというものでした。

一声かけるかどうかは置いておいて、それを見ていて思ったこと、それは一声掛けられて断れるかどうかということです。

私は普通の日本人なら、絶対断れないように思います。

暗黙の了解というかなんというか、個人的にはそれってどうなんだろう?と思います。

以前、海外旅行の飛行機の中で、CAさんに前の方にリクライニングを戻して欲しいと、伝えて欲しいといっている人を見かけました。

英語が苦手なので、全ては聞き取れなかったのですが、多分食事を取りたいから、リクライニングが倒れていると食べにくいということだったみたいです。

結局その前の方は、食事の間は元に戻していましたが、その後、食事が終わったのを見て、リクライニングを倒していました。

私が何がいいたいかというと、海外のほうが相手の要望を受けたり断ったり、フレキシブルな対応が出来るのではないかなと思うんです。

日本だと相手から何か言われた場合、必ずOKしなくてはならない空気ですよね。

でも、新幹線のシートみたいに、断るという選択があっても、本当はいいわけですよね。

それが、何となく許されない雰囲気があるような気がします。

話は戻りますが、必ずシートを倒すのを了解するのであれば、確かに一声かけなくても問題ないのかもしれないなと思ってしまいました。

今回のことで、日本もフレキシブルな対応が出来るようになるといいなと、思ってしまいました。

もちろん海外が全ていいわけではないのですが、断ったりすることも重要のではないかなと感じたテレビ番組のコーナーでした。

ちなみに、友人は近々フォルクスワーゲンゴルフを査定に出す予定だそうですが、友人同士でドライブや買い物に行く時に後ろの席に乗る場合が多くあります。

その時、前の席に座った友人は、後ろの私に気を使って、決してシートを倒したりしません。