赤ちゃんもママも便秘になりやすい

妊娠したその初期段階で摂ることを勧められるのが、葉酸ですよね。

なぜなら、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長がとても盛んに行なわれている時期であるので必須だからです。

葉酸が十分でないと、胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など、赤ちゃんの成長に大きな影響を及ぼす可能性がでてきます。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率は、生まれてくる赤ちゃんうちの約4%です。

先天性奇形は、高齢出産などが要因の一つですが、そのリスクを低くできる栄養素が葉酸だといえます。

なので、胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠している女性には、葉酸が一番大切な栄養素だと言い切っても決して言いすぎではありません。

そんな葉酸の1日の摂取量は、だいたい400ugと厚生労働省でも決められています。

もちろん、積極的に葉酸を摂取したいとすると、その方法は実に多様にあります。

一般的なのは、毎日の食事から葉酸を摂ることでしょう。

食材の中で、葉酸が多くふくまれるものには、レバーや枝豆が豊富ですが、たくさん葉酸を摂るための目的で、ある食材ばかりを食べ続けるのは正直大変です。

それに、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質ですから、通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂るのは難しいと思われます。

そこで、葉酸を効率よく摂取することを考えれば、補助的に葉酸サプリなどを使うのがお奨めです。

また、葉酸サプリは食後に飲むと、最も効果が上がるとおぼえておいて下さい。

ちなみに、出産後は赤ちゃんもママも便秘になりやすいというデータがあります。

確かに私の場合も、出産後の便秘に悩まされ、すごく苦しんだ思い出があります。

でも、今ははぐくみオリゴなどもあるので心配はいりません。

ただし、決められた用法や用量で飲まないと、はぐくみオリゴは効果なしという結果になるので注意してくださいね。